出会いアプリで熟女風の丸顔セフレが出来ました

30過ぎたしがないサラリーマンですが、毎日の通勤途上の電車の中でスマホの携帯をいじっている内に、何時も間にか出会いアプリに興味を持ちはじめたのです。 彼女のイナイ歴も長いので、若しかしたらということで登録してみたのですが、暫くは、イタズラのような、また、プロの仕業と思われるようなメールが沢山来ていましたね。 そんな中で、間もなくメールやラインのやり取りをする女性を知ることが出来たのです。 
始めの頃は、日常的なさり気ないやりとりだったのですが、何日か経った後になってそのうち遂に初デートにまで発展することが出来たのです。 此れはあくまでも大人の浮気という感じのお付き合いで、其れは両人とも充分に承知はしていたはずです。

 

初めて遭った目の前の彼女は一寸眩しいくらいの、如何にも熟女風の丸顔の女性で、ツーピース姿が良く似合い、結構素適な人で思わず目をしば立たせるほどでした。 話しを伺ってみると、最近では旦那がセックスレスのようで少しばかり寂しいのよ、と言っていました。

 

その後、チェーン店の居酒屋でお酒を戴きながら、耳元で 「今夜はこれから大丈夫ですか・・?」と小声で聞くと、コックリと頷いたのです。 それから場末の奥まったところにあるラブホてテルに向かいました。 中に入って其れらしい部屋を見るだけで既に性的な意欲が湧いてきます。

 

既にもう、二人は部屋へ入るなり無言の内に激しい抱擁とキスをしました。 彼女の赤く塗った口ビルはネットリとして吸い込まれそうな感じであり、熟女らしい経験が積まれた其の旨さは抜群で、舌を入れてきた時には思わず噛み付いてやったら、「ああーん・・痛いわ」と言って、更にじゃれついて来るのでした。

 

丸いクッションの効いたベットに横倒しにしながらオッパイを舐めてやると、彼女の左手が私の逞しくなっているチンを優しく触れてきました。 私も既にかなり性的興奮も高ぶっていて、彼女の下着を剥いで胸のあたりを舐めまわしながら、女の熱くなっている秘部の周辺を指で優しくマッサージをしてやりました。 後は、男と女の関係は通常通りというか、熱く燃えました。
川崎市麻生区 36歳 男性 サラリーマン、